ジェネリック医薬品のデメリットとは?

ジェネリック医薬品の疑問

医療費の節約に大きく貢献するジェネリック医薬品ですが、デメリットもまったくないとは言えません。先発薬と同じ成分を使っているものの、添加物などの違いによって効き目に若干の違いが出る可能性があることや、製造・流通の不安定さなどが挙げられます。

ジェネリックのデメリットその1-効き目がまったく同じとは限らない!?

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ有効成分を同量使い、同じ効能を持たせた薬です。開発時には「生物学的同等性試験」もおこなわれ、薬の溶け出すスピードや効き目に大きな差がないことも確認しています。

しかし成分と量は同じでも、その他の添加物やコーティングなどは違うこともあります。薬にはさまざまな特許がありますので、成分に関する「物質特許」は切れていても、その他の特許が切れていない限りは製法などを変える必要があるからです。

そういった違いによって、患者さんによっては効果に微妙な差を感じることもあるといわれています。もちろん「ジェネリックで重大な副作用が起きた」という話は聞かれませんが、特に慣れ親しんだ薬をジェネリックに切り替えた場合は、わずかな違いでも実感するケースがあるのかもしれません。

さらに、薬の効果には心理的な作用も関わりますので、最初からジェネリックに対して猜疑心や不安を持っている患者さんの場合、効き目自体も感じにくい傾向が見られます。 ですから「やっぱり前の薬のほうが良かった」という時には、我慢せず医師に相談することも大切です。

ジェネリックのデメリットその2-同じ薬を使い続けられるとは限らない

新薬と異なり、ジェネリックは複数の会社から発売されることがあります。たとえば鎮痛剤で有名な「ロキソニン錠」には、数十種類ものジェネリックが出ているほどです。

もちろんいずれも同じ「ロキソプロフェンナトリウム」という成分から出来ており、効能も一緒です。しかし競合する薬があればあるほど、安定した製造・販売が難しくなるリスクはあるでしょう。

たとえば「このジェネリックが気に入ったから、今後は使い続けよう」と思っても、いつのまにか製造が中止されている、といったケースも考えられます。また調剤薬局にも、すべてのジェネリックを置くだけのスペースはありませんので、自分の希望する薬がかならず手に入るとは限りません。

そもそもジェネリックとは「薬の一般名」のことであり、ロキソニンなら「ロキソプロフェンナトリウム」を指します。つまり薬の銘柄ではなく主成分で処方するのがジェネリックですので、医師が銘柄を指定していない限り、基本的には調剤薬局に在庫のある薬が出されるはずです。

いわば「同じ成分の薬ならどれでもOK」とするのがジェネリックの考え方です。ですから銘柄にこだわれないこと自体が、ジェネリックの1つのデメリットといえるのかもしれません。

ジェネリックのデメリットその3-日本ではメリットを感じにくい

ジェネリック自体のデメリットではありませんが、日本では「先発薬との価格差を感じにくい」ことも、よく問題視されています。

たとえば薬価がもともとそれほど高くない薬の場合、先発薬でも特に「高い!」とは思わないため、ジェネリックの必要性を感じない人が多いのです。これは健康保険制度が行き渡っている日本ならではの現象だといえるでしょう。

もちろん生活習慣病の薬など、長期にわたって使う必要のある薬なら別ですが、風邪をひいた時くらいしか病院にかからない人にとっては、先発薬でもあまり大きな負担になりません。

こうした傾向を踏まえ、国は先発薬とジェネリックの価格差を開くよう、さまざまな対策を練っているところです。

ジェネリックのデメリット4~決定権は医師にあり!?

患者さん本人はジェネリックを使いたくても、医師が否定的な意見を持っているために、ジェネリックを処方してもらえない…そんな問題も実際に起こっています。

試験で先発薬との同等性が確認されているとはいえ、医師の中にはまだまだジェネリックに懐疑的な立場をとる人が一定数います。「ジェネリックには安全性を確かめる試験がおこなわれていない」「実際、効き目に違いがあるケースを何度か目の当たりにしている」といった理由が主ですが、医師がOKを出さなければ、患者さんは先発薬を使うしかありません。

もっとも、最近では処方箋の様式が変更され、医師が先発薬にこだわる場合はサインを入れるという手間がかかるようになっています。それでも、ジェネリックに否定的な医師はやはりサインを入れるでしょうし、「この薬はOKだけど、この薬は先発薬で」と使い分けることもあります。

もちろん医師も、患者さんの安全を第一に考えての選択をしているわけですが、患者さんに決定権がないのは事実です。つまり「使いたくても使えない場合もある」のが、ジェネリックのデメリットの1つといえるかもしれません。